親から子へ、子から親へ。いつまでも色あせない百年家財、それが江戸指物の魅力です。

日本橋丸善「木の匠展」への江戸指物出展

ただ今、日本橋丸善3階ギャラリーにおいて、江戸指物が出展されています。 5月4日から10日まで開催されます。ぜひともお越しください。 5月7日と8日には、当組合の戸田敏夫理事長による江戸指物製作実演があります。 よろしく …

» 詳細を確認する

江戸指物協同組合からのお知らせ

江戸指物協同組合では、永年にわたり毎春3月には台東区谷中の「木楽庵」様のご厚意の下、恒例の「江戸指物展」を開催してまいりましたが、今年(32回目)からは、銀座一丁目の「ギャラリー ムサシ」様において、期日も11月7日~1 …

» 詳細を確認する

<高度な技術>

指物師としての技術を身につけたら、直観により美意識を磨く、という感覚の段階に入ります。美術館や博物館などで常に名品と対峙するなどの機会を増やしてセンスを磨きます。この修練があってこそ、お客様の注文を具体化し、最適な形と最 …

» 詳細を確認する

<中段階の技術>

道具と仕口を習得した後は、材料となる木材を見極める目が求められます。木表と木裏、柾目と板目、アテ木(反りやすい木)など、それぞれの性質を把握して、最適な組み合わせを発見できなければいけません。そして、ふさわしい木の厚みに …

» 詳細を確認する

江戸指物協同組合

江戸指物の特徴


江戸時代に江戸の町で発達した江戸指物は、木目の表情を主役に据え、よけいな装飾を排し、見た目は華奢(きゃしゃ)でありながら、堅牢に仕上げるのが特徴です。そこには「隠れた羽織裏にこそ凝る」「一見渋いけれど贅沢な結城紬を着こなす」など、”裏勝り””底至り”という江戸っ子の美意識に通じるものがあります。

職人の心意気

江戸指物師は、材木から板や柱を木取り、見えないところに細工を施すなど、無垢の木材にとことん手をかけ、極力狂いのない品物をつくります。高度な仕事を支えるのは、夥しい数の道具です。材を正確に切るための印付けである、罫引き。その線をまっすぐムラなく切り落とす鋸。切り口や表面を滑らかに削ったり、角の面取りをするのに使う鉋。組み手や留めなど接合のための仕口を刻む鑿。それぞれの道具は、職人の手に合わせ、用途に合わせて手が加えられます。こうして江戸指物は、丈夫で”すっきり、さっぱり、堅牢”な仕上がりになるのです。

組合員名簿

職人氏名 住所 事業所名
1 井上 喜夫 〒116-0014 荒川区東日暮里4-18-5 井上木芸
2 井上 健志 〒116-0014 荒川区東日暮里4-18-5 井上指物
3 佐藤 進 〒110-0015 台東区東上野5-18-6 佐藤指物製作所
4 戸田 敏夫 〒110-0003 台東区根岸5-9-17 戸田和家具製作所
5 根本 一徳 〒116-0014 荒川区東日暮里2-44-10 根本和家具製作所
6 茂上 豊 〒111-0015 台東区蔵前4-37-10 茂上工芸
7 山田 嘉丙 〒135-0016 江東区東陽1-14-3 茶の湯指物千匠
8 渡邊 彰 〒110-0012 台東区竜泉3-25-4 渡辺和家具製作所
9 渡辺 光 〒116-0002 荒川区荒川3-26-1 渡辺和家具製造
10 河内 素子 〒234-0051 横浜市港南区日野2-1-11 浮塩ビル2F 河内指物
11 渡辺 久瑠美 〒116-0002 荒川区荒川3-26-1 渡辺指物

準会員名簿

職人氏名 住所 事業所名
1 小川 綾子 〒223-0056 横浜市港北区新吉田町3359