戸田敏夫は、昭和43年、島崎國治親方に弟子入りしてから今日まで、江戸指物一筋に生きて来た。 現代江戸指物の一時代を築いていくのに欠かせない一人である。
また、現江戸指物協同組合理事長としての重責も務めている。
「小さい頃絵を習っていて、それが江戸指物製作にとても役立っています」ということである。
組合員が釣り好きになったのは、この人の影響だそうで ある。
(駄洒落好きになったのもこの人の駄洒落にみんなが意を強くしたためとか………)

得意なものは、棚物、箱物、脚物等出来ない物はない。
代表作は、厨子、飾棚、文机、楽屋鏡台、箱付き継ぎ箸など、島桑物全般。

 

 

戸田敏夫
戸田敏夫 とだとしお
昭和26年4月18日生まれ
千葉県  出身

住所 東京都台東区根岸5−9−17
電話 03−3874−1504
FAX 上に同じ

 左の写真をクリックすると、指物師の製品アルバムが見られます。
戻る