井上喜夫は、昭和36年、江戸指物師の父、井上猪治親方に弟子入りし、以後今日まで一筋に江戸指物師を続けている。
息子の健志も、立派な後継者となるべく一生懸命修行をし、伝統工芸士の資格を取った。
また、最近、女性の後継者も弟子入りして修行をしている。
沈着冷静な人柄で、組合員の厚い信頼を得ている。
一杯入ると、駄洒落を連発するのが玉に瑕ではあるが………。

得意なものは、飾棚、鏡台、箪笥など棚物、脚物など、全般に精通してい る。
代表作は、椅子式鏡台、ガラスケース、桐箪笥、手許箪笥、文机。

 

 

井上喜夫

井上喜夫 いのうえよしお
昭和17年1月1日生まれ
東京都荒川区出身

住所 東京都荒川区東日暮里4−18−5
電話 03−3807−3426
FAX 上に同じ

 左の写真をクリックすると、指物師の製品アルバムが見られます。
戻る