茂上豊は、昭和51年から江戸指物師の父上、豊二郎親方の下で修行をして独立した。
代表作品には、ワインキャビネット・行灯・飾棚・文机・座卓・抽斗箱・宝石箱・傘立て・姿見など多種にわたる。
得意な分野は、江戸指物全般と、特に現代風、創作物に力を入れてい る。
古来の指物には江戸の粋を、現代の指物にはデザインと使いやすさを心がけている。
小説「鬼平犯科帳」が大好きで、長谷川平蔵を尊敬し、祭り・スキー・キャンプとアウトドアー派の粋人で ある。


 

 

茂上豊
茂上豊 もがみゆたか
昭和28年11月1日生まれ
東京都台東区出身

住所 東京都台東区蔵前4−37−10
電話 03−3851−6540
FAX 03−3851−0750

 左の写真をクリックすると、指物師の製品アルバムが見られます。

戻る