山田嘉丙は、茶の湯道具の製作を得意とする江戸指物師である。
モットーは、「仕事の中にも遊び心を!」である。
山田嘉丙は、三代続く江戸指物師の家系に生まれ、指物では珍しい茶道具を主に作ってい る。
「嘉丙」は号である。本名は「一彦」。

得意分野は、茶の湯道具及び創作小物。
代表作に、茶の湯棚物多種、風呂先屏風、結界などがある。

ガラスが好きなので、ガラス作家と共作でガラスを組み合わせた茶の湯道具も創作してい る。

 

 

山田嘉丙
山田嘉丙 やまだかへい
昭和17年1月7日生まれ
東京都台東区出身

住所 東京都江東区東陽1−14−3
電話 03−3644−0363
FAX 上に同じ

 左の写真をクリックすると、指物師の製品アルバムが見られます。
戻る