渡辺彰は、江戸指物師の父上の渡辺昇親方のもとで修行し、今日まで江戸指物一筋に生きて来た。
良き材料を仕入れることと乾燥第一がモットーである。堅実でしっかりとした仕事をする 。
祖父で江戸指物師の松太郎親方から数えて三代目となる。
現在は、昇親方に替わって、新しく江戸指物協同組合の一員となっている。
渡辺彰のお宅には、親子三代が一緒に仕事をしているとても珍しい写真がある 。

得意なものは棚物、箱物、鏡台、姿見、古典、創作等何でもこなすが、特に飾棚が得意である。
代表作は、大黒柱、楽屋鏡台、飾棚など。

 
渡辺 彰
渡辺昇 わたなべあきら
昭和39年3月30日生まれ
東京都台東区出身

住所 東京都台東区竜泉3−25−4
電話 03−3873−3050
FAX 上に同じ

左の写真をクリックすると、指物師の製品アルバムが見られます。
戻る