大渕浩吉は、若いときに独立し、一家の生計を双肩に担ってきた。
苦労人の大渕浩吉は、「指物の生命は木目の美しさにある」と語り、たくさんの材料を集めることに命をかけてきた。特に欅の量は、群を抜いている。
豊富な材料を使って、様々な江戸指物を作っている。

得意なものは、棚物、箱物、座卓。
代表作は、長火鉢、飾棚、欅座卓など。

現在息子、光高が跡を継ぐべく修行中である。
大渕浩吉
大渕浩吉 おおぶちこうきち
昭和16年1月2日生まれ
東京都台東区出身

住所 埼玉県川口市芝下3-17-20
電話 0482−65−9106
FAX 上に同じ

左の写真をクリックすると、指物師の製品アルバムが見られます。

戻る